『Sansan』を導入しているJA三井リース株式会社

9月 9th, 2016

会社の資産である名刺情報を社内で共有し、営業に活用する企業が増えている昨今…総合ファイナンスサービスを展開しているJA三井リース株式会社でも、クラウド型名刺管理サービス『Sansan』を導入しているそう。2013年に三井物産営業推進部の9名で利用スタートさせましたが、2016年1月には全社的に導入し、国内グループ会社約1200名で利用するようになりました。ちなみに1200名のうちの650名ほどが営業部門にあたるのだとか。すべての名刺情報を『Sansan』に入れ、全社員によるデータベース構築を進めています。ユーザーを増やしたことで、現場の引き継ぎが便利になったそう。「会ったことのない顧客の過去や現状が見える」というのは、営業部門にとって非常に仕事がやりやすいと思います。この他にも、スピーディに取引先の社長や役員の昇進・昇格のニュースを把握したり、営業スタッフが誰といつ会っているかなどを見える化することも可能です。情報が積み上がっていくから、『Sansan』を使えば使うほど、どんどん活用の幅が広がっていきそうですね。

『Sansan』を導入しているJA三井リース株式会社

9月 9th, 2016

会社の資産である名刺情報を社内で共有し、営業に活用する企業が増えている昨今…総合ファイナンスサービスを展開しているJA三井リース株式会社でも、クラウド型名刺管理サービス『Sansan』を導入しているそう。2013年に三井物産営業推進部の9名で利用スタートさせましたが、2016年1月には全社的に導入し、国内グループ会社約1200名で利用するようになりました。ちなみに1200名のうちの650名ほどが営業部門にあたるのだとか。すべての名刺情報を『Sansan』に入れ、全社員によるデータベース構築を進めています。ユーザーを増やしたことで、現場の引き継ぎが便利になったそう。「会ったことのない顧客の過去や現状が見える」というのは、営業部門にとって非常に仕事がやりやすいと思います。この他にも、スピーディに取引先の社長や役員の昇進・昇格のニュースを把握したり、営業スタッフが誰といつ会っているかなどを見える化することも可能です。情報が積み上がっていくから、『Sansan』を使えば使うほど、どんどん活用の幅が広がっていきそうですね。

『Sansan』を導入しているJA三井リース株式会社

9月 9th, 2016

会社の資産である名刺情報を社内で共有し、営業に活用する企業が増えている昨今…総合ファイナンスサービスを展開しているJA三井リース株式会社でも、クラウド型名刺管理サービス『Sansan』を導入しているそう。2013年に三井物産営業推進部の9名で利用スタートさせましたが、2016年1月には全社的に導入し、国内グループ会社約1200名で利用するようになりました。ちなみに1200名のうちの650名ほどが営業部門にあたるのだとか。すべての名刺情報を『Sansan』に入れ、全社員によるデータベース構築を進めています。ユーザーを増やしたことで、現場の引き継ぎが便利になったそう。「会ったことのない顧客の過去や現状が見える」というのは、営業部門にとって非常に仕事がやりやすいと思います。この他にも、スピーディに取引先の社長や役員の昇進・昇格のニュースを把握したり、営業スタッフが誰といつ会っているかなどを見える化することも可能です。情報が積み上がっていくから、『Sansan』を使えば使うほど、どんどん活用の幅が広がっていきそうですね。

コールセンターの対応によって

9月 4th, 2016

コールセンターは消費者と直接つながる場所であり、企業対応が消費者にダイレクトに伝わるとても大切な部門ですよね。

消費者の購入までに至るプロセスや購入履歴、年齢、性別、嗜好などの個人情報を集めることも営業支援となりますが、コールセンターもまたそのひとつなんですよね。

その大切な場所で、消費者への対応がきちんとできていなければ・・営業支援どころか営業妨害にもなりかねません。

私もたま~にお問い合わせをすることがあるんですが、コールセンターのスタッフの対応の仕方でその企業のことを好きにいなったり嫌いになったりすることがあるんですよね。消費者にとってコールセンターの一人のスタッフの対応が、企業全体の対応と同レベルになってしまうんです。

特に残念なのがマニュアル通りの返事しかしない人。コールセンターの人ってアルバイトの人が多かったりしますよね。仕方ないのかもしれませんが、専門の知識が少ないスタッフに当たってしまうと・・。コールセンターの重要性を企業は再度見直すべきなのかもしれません。

sfa システム

コールセンターの対応によって

9月 4th, 2016

コールセンターは消費者と直接つながる場所であり、企業対応が消費者にダイレクトに伝わるとても大切な部門ですよね。

消費者の購入までに至るプロセスや購入履歴、年齢、性別、嗜好などの個人情報を集めることも営業支援となりますが、コールセンターもまたそのひとつなんですよね。

その大切な場所で、消費者への対応がきちんとできていなければ・・営業支援どころか営業妨害にもなりかねません。

私もたま~にお問い合わせをすることがあるんですが、コールセンターのスタッフの対応の仕方でその企業のことを好きにいなったり嫌いになったりすることがあるんですよね。消費者にとってコールセンターの一人のスタッフの対応が、企業全体の対応と同レベルになってしまうんです。

特に残念なのがマニュアル通りの返事しかしない人。コールセンターの人ってアルバイトの人が多かったりしますよね。仕方ないのかもしれませんが、専門の知識が少ないスタッフに当たってしまうと・・。コールセンターの重要性を企業は再度見直すべきなのかもしれません。

sfa システム

コールセンターの対応によって

9月 4th, 2016

コールセンターは消費者と直接つながる場所であり、企業対応が消費者にダイレクトに伝わるとても大切な部門ですよね。

消費者の購入までに至るプロセスや購入履歴、年齢、性別、嗜好などの個人情報を集めることも営業支援となりますが、コールセンターもまたそのひとつなんですよね。

その大切な場所で、消費者への対応がきちんとできていなければ・・営業支援どころか営業妨害にもなりかねません。

私もたま~にお問い合わせをすることがあるんですが、コールセンターのスタッフの対応の仕方でその企業のことを好きにいなったり嫌いになったりすることがあるんですよね。消費者にとってコールセンターの一人のスタッフの対応が、企業全体の対応と同レベルになってしまうんです。

特に残念なのがマニュアル通りの返事しかしない人。コールセンターの人ってアルバイトの人が多かったりしますよね。仕方ないのかもしれませんが、専門の知識が少ないスタッフに当たってしまうと・・。コールセンターの重要性を企業は再度見直すべきなのかもしれません。

sfa システム

営業情報がうまくつながっていないと・・

8月 26th, 2016

営業情報の可視化が広く求められるようになってきています。しかし、一方で可視化したくてもできないところもあるようなんです。その理由の1つが、営業情報がほかとつながっていないということ。

営業スタッフが頑張って集めてきた営業情報や企業情報などが、他のスタッフ、上司、そしてほかの情報とつながっていないために、情報は活用されず、場合によってはその情報が無駄に放置されているという可能性もあるとか。

このような無駄を無くし、情報をつなげて活用できるシステムづくりが重要なポイントとなるんですね。営業をやったことが無い私のようなものからすると、このようなことができていない・・ということが反対に不思議でした^^でも、これまでの日本の営業ビジネスって勘や経験に頼るところが多かったとのこと。なので、他の人に自分の情報を提供するなんてことは考えられない、といった習慣もあるのかもしれませんね。時代の流れに乗ることも、営業には必要なのでしょう。

KnowledgeSuite

営業情報がうまくつながっていないと・・

8月 26th, 2016

営業情報の可視化が広く求められるようになってきています。しかし、一方で可視化したくてもできないところもあるようなんです。その理由の1つが、営業情報がほかとつながっていないということ。

営業スタッフが頑張って集めてきた営業情報や企業情報などが、他のスタッフ、上司、そしてほかの情報とつながっていないために、情報は活用されず、場合によってはその情報が無駄に放置されているという可能性もあるとか。

このような無駄を無くし、情報をつなげて活用できるシステムづくりが重要なポイントとなるんですね。営業をやったことが無い私のようなものからすると、このようなことができていない・・ということが反対に不思議でした^^でも、これまでの日本の営業ビジネスって勘や経験に頼るところが多かったとのこと。なので、他の人に自分の情報を提供するなんてことは考えられない、といった習慣もあるのかもしれませんね。時代の流れに乗ることも、営業には必要なのでしょう。

KnowledgeSuite

営業情報がうまくつながっていないと・・

8月 26th, 2016

営業情報の可視化が広く求められるようになってきています。しかし、一方で可視化したくてもできないところもあるようなんです。その理由の1つが、営業情報がほかとつながっていないということ。

営業スタッフが頑張って集めてきた営業情報や企業情報などが、他のスタッフ、上司、そしてほかの情報とつながっていないために、情報は活用されず、場合によってはその情報が無駄に放置されているという可能性もあるとか。

このような無駄を無くし、情報をつなげて活用できるシステムづくりが重要なポイントとなるんですね。営業をやったことが無い私のようなものからすると、このようなことができていない・・ということが反対に不思議でした^^でも、これまでの日本の営業ビジネスって勘や経験に頼るところが多かったとのこと。なので、他の人に自分の情報を提供するなんてことは考えられない、といった習慣もあるのかもしれませんね。時代の流れに乗ることも、営業には必要なのでしょう。

KnowledgeSuite

形勢が逆転しつつ

8月 5th, 2016

法人向けのスマートフォンとして人気のiPhoneとGalaxy。iPhoneが相変わらず人気でこの秋にも発売される時期機種にも注目が集まり何かと話題になっています。ではGalaxyの方は・・。iPhoneの独壇場かと思いきや、実は形勢が逆転しつつあるんですって。Gear VRのプレゼント攻撃!これは驚きましたよ。何てSamsungは太っ腹なんだろうって。

Galaxy S7とS7 Edgeを予約したユーザーには、VRヘッドマウントディスプレイが無料で付いてくる、というキャンペーンを行ったんですね~。これが大成功をおさめたそうで、結果販売後にはバンドルパッケージを続けたそうです。

傍から見ると太っ腹作戦でかえってSamsungはコスト高になって終わってしまうのでは?という声もあるそうですが、ある専門家によると「サムスンは長期的な売上拡大を図ると同時に、VRの領域で優位に立つことができるだろう」。と言っているとのこと。私もそう思いますね^^

営業支援システム SFA